【U12】☆北信AリーグU12優勝☆

9/2(日)リバーフロントにて行われた北信Aリーグを6年生が見事制しました!!
これで全少のシード権を獲得しました!!
6年生のみなさん優勝おめでとうございます!!

6年生は14名と過去最高に人数がいる学年で、当初どのように試合のメンバーを決めるか迷っていました。
迷っていたことは「勝つ事」と「育てる事」です。「勝つ」為には、メンバーはある程度固定した方が確立が上がります。「育てる」為には、全員に出場機会があった方が良いです。

しかし、全員に出場機会があると勝つ確率は下がる可能性があります。
さぁ、何を取るか...

これは、サッカー界のあるあるなのですが、
①勝っているからいい??
②負けたけど、育っているからい??

アンビシャスの大結論は、
③「育てながら勝つ」「育つから勝つ」です。

育成年代なので、育てなければいけません。
かといって育てているから負けてもいいわけではありません。かといって勝ちにいって育っていないのもいけません。

この2つを達成することがアンビシャスのミッションです。
そこには割合があるかと思います。
様々な技術の低い低学年のうちは、「勝つ」より「育てる」割合が強くなるかと思います。
ある程度技術がついた高学年は、「勝つ」と「育てる」をリンクさせていく必要があります。

全員選手が試合に出て優勝するという目標は、選手にとって、大きなチャレンジでしたが、最高の形で終われたことは素晴らしいことだと思います。

4・5年生もリーグ戦を2~4試合残して、まだ負けなしの首位。6年生に続けて優勝できるか!?
間違えちゃいけないのは、現在首位だが、まだ何も掴み取っていないということ。
優勝するまで、勝って兜の緒を締めよ! です。

さぁ6年生はこれからが本番です。
1ヶ月、練習や練習試合、招待大会、そして全少が待っています。
まだまだ大きく成長できますが、同じように他のチームも大きく成長してきます。
6年生は優勝しましたが、兜の緒を締めなおして、気合いを入れていきましょう!!

リーグ戦の最終日に<0失点全勝優勝>の夢が破れたということは、サッカーの神様がみんなに新たな宿題を与えてくれました。
サッカーの神様からの宿題に感謝し、この宿題もクリアしていきましょう!!

私も選手達が「人事を尽くせる」ようにサポートしていきたいと思います。
明るい未来を掴み取れるのは自分自身のみ。

頑張れ長野アンビシャスFCのみんな!!

<堀澤>