【U12】長野市長杯~準優勝!!~

まず始めに、コロナの脅威があるなか、このような大会を無事開催するできたことに、関係者の皆様に御礼申し上げます。

 

なかなかコロナが落ち着かず、悶々とする日々が続きますが、皆様いかがおすごしでしょうか??

 

先日、リバーフロントにて長野市長杯が行われました。

今年から2チーム参加させて頂き、AB両チームとも大会を通じて大きく成長することができたと思っております。

 

Aチームに関しては、気候、対戦相手含めて苦しい試合を勝ち抜き、決勝も先制したところまで最高の大会だったのですが、優勝するにはまだまだ実力不足で決勝で力尽きました。。。

Bチームに関しては、熱いハートの持ち主が多く、試合中に「自己主張」VS「自己主張」なんていうのは当たり前のチームで、個人的に江戸っ子ぽっくて好きです。。。

 

アンビシャスとして初の2チーム出場でしたが、Bチームの選手も試合する喜びを全身で爆発させてくれるので、スタッフは大変になりましたが、2チーム出場にしてよかったと心から思っております。

 

 

話は変わりますが、最近「嫌われない勇気」という本を読みました。

私はこの本を読み「目的論」を説いている本だと思いました。

 

簡単にいうと、「幸せな人生を送りたいという「目的」を作った場合、幸せになるための「行動」に集中しなさい」

そうすると他人の目(好かれてようが、嫌われていようが)そんな事は、なんも気にならなくなります。

そういった内容だったと私は思いました。

 

アンビシャスの選手に置き換えるとこういった選手に分かれるのかなと思いました。

 

①プロになりたい!優勝したい!!うまくなりたい!!という目的から、その為の行動をする選手

②自分なりの努力(行動)はする、その中で優勝などの目的を達成したいという選手!!

 

目的から逆算して手段行動を選ぶのか?

手段・行動を積み上げて、後々目的を達成したいのか?

 

どっちの方がいいのか?

そんなことを考えさせられました。

 

6年生は、そんなことをこれから学びに全日本少年少女サッカー大会に参戦します。

 

アンビシャスのみんなはどんな目標があるか?

そのための行動はとれているか?

例え行動がとれていても、その行動は足りているか??

 

頑張れ長野アンビシャスのみんな!!

 

<堀澤>