【U11・U10】長野県少年フットサル大会 北信地区予選

1月4日(木)にホワイトリングにて、長野県少年フットサル大会北信地区予選が行われました。
U11・U10両カテゴリー、北信地区予選を無事突破しました。
これで県大会も経験する権利を得ました。
選手の皆さん、良かったですね。

今回はこんなエピソード。
サッカーを始めて半年の4年生が2名アンビシャスに入ってくれました。
2名ともまだまだ試合で活躍できないのかなと思っていましたが、1人はゴールを決め、ベンチは大騒ぎ!
いいチームになってきたなと温かく胸を熱くしていると、もう1人にもゴールのチャンス。
最後の試合の終了間際にゴール前でフリーキックのチャンス。
本田圭佑選手ばりにボールを奪い、フリーキック蹴る気満々の選手にベンチの選手からストップの声、ノーゴールのもう1人の選手蹴らせろと!
ベンチの声に全く納得いっていない本田圭佑。
結局、本田圭佑が折れ、もう1人がシュートを打つと、惜しくもクロスバー。
その瞬間、ベンチと保護者の皆様からも温かい歓声。

私はアンビシャスはどんどん素晴らしいチームになっているなと思いました。
育成年代のチームは、選手・コーチ・保護者(学校)が一体となることが大切です。
保護者の皆様には、選手の時間に親が関わらないことをお願いしています。
選手の時間に関わらないという形で関わってください!
ややこしいですね。(笑)
いつも感謝しております。

最後に、カズコーチからもあったように、選手が頑張る為に、会場を用意して頂いた運営の方、記録やタイマーをやって頂いた方、送り迎えをして頂いた保護者の方、様々な協力のもと良い経験ができたことを忘れずに、県大会も応援しています。

さぁ、また県大会に向けてサバイバルの開始です。
次の練習から、仲間はライバルと化します。

頑張れ長野アンビシャスのみんな!!

IMG_2134 IMG_2137

<堀澤>